『エネルギーゼロ』で暮らせる家 - 注文住宅/リフォーム:有限会社 新栄建設

注文住宅/リフォーム:有限会社 新栄建設
注文住宅/リフォーム:有限会社 新栄建設

『エネルギーゼロ』で暮らせる家

HOME > 家づくりのこだわり > 『エネルギーゼロ』で暮らせる家

エネルギーゼロの暮らしを、もっと身近に

これからの暮らしは、より環境にやさしく、より快適に・・・。
スーパーウォール工法住宅は、建物の高断熱・高気密を追及するとともに一般的に採用しやすい省エネ設備やエネ設備などをバランスよく組み合わせて、先進の省エネ住宅を”1棟パッケージ化”。
暮らしのエネルギー消費量・Co2排出量をゼロにする家をご提案します。
一歩先をゆく、エネルギーゼロのECOな暮らしを、身近にすることができる。
それがスーパーウォール・ゼロエミッションモデルです。

エネルギーゼロをめざす家づくり、5つのポイント

エネルギーゼロの暮らしをめざす家づくりには、5つのポイントがあります。
ご家族のライフスタイルや建築条件、ご予算に合わせた、ベストバランスなプランをご提案します。
添付画像

小さく建てて、かしこく暮らす。ちょうどいいコンパクト設計。 設計の工夫

ゼロエミッションモデルでは、できるだけ広くの家づくりからちょっと発想を変えて、コンパクト設計の家をご提案。 空間の容積が小さくなり、間仕切りも少なくすることで冷暖房効率を含め、建築コストも抑えられる、一歩進んだECOな暮らしをご提案します。
Atacched File
Atacched File

太陽光発電システムを導入しわが家で使うエネルギー発電

太陽の光という自然の恵みを生かし、わが家で発電する太陽光発電システム。Co2削減に大きく貢献し、光熱費の大幅な節約に役立ちます。また、災害時は非常電源として利用できるため防災対策としても安心です。 Atacched File
太陽光発電システムの導入におトクな国や自治体の公的補助金制度

自宅に太陽光発電システムを設置する際、国からの補助金支払われます。また、独自の補助金制度を導入している自治体も増えています。

余った電気は自動で売電
Atacched File昼間に発電して余った電気は、電力会社へ自動的に売電されます。平成21年度11月から導入の「太陽光発電の新たな買取制度」では、10年間にわたって余剰電力を認定金額で売電することができます。
Atacched File
クリーンエネルギーにより電気を自給自足できる喜び
家庭菜園で野菜を育てるように、電気も我が家で創る時代がやってきました。昼間は太陽の光で発電した電気を使い、余った電気を売電。夜は電力会社から買電。さらに積極的な省エネの工夫で、売電が買電を上回り副収入となる場合も・・・。家計にうれしい魅力です。
Atacched File
Atacched File
地球上に到達する太陽光のエネルギー量は1㎡当たり約1kwといわれています。もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるとしたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか1時間でまかなえるほどのパワーであり、石油などのエネルギーのように枯渇する心配がありません。また、発電の際にはCO2を全く輩出しないクリーンエネルギーであることも太陽光発電の大きな魅力です。
家づくりに関するご相談、ご質問等、お気軽にご連絡ください。 (有)新栄建設 茨城県石岡市下林317-3
0299-44-0542
Copyright ©2013 Shineikensetsu Ltd. All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT3